必要最小限の利用を

御祝お祝い金など予期せぬ出費が必要となれば、習慣的にキャッシングサービスを利用する習慣となっている方は、比較的少なくないかと推察されます。毎月ギリギリの生活の中、こうした想定外の出費が避けられないとなれば、ある意味、やむを得ないのも事実ですが、借入には金利負担が避けられません。結果、その後の返済期間中に自由になる現金は少なくなるだけでなく、キャッシングサービスの利用限度枠も一時的に小さくなります。

キャッシングサービスはあくまで切り札として、その利用可能枠を確保しておくのが賢明です。お祝い金は無条件で借入して少額ずつ中長期的な返済を重ねた場合、振り返った際に支払った金利の総額に驚かされる可能性が否めません。何よりお祝いを包まねばならない距離感の人達は自ずと限られます。結婚祝いを包んだのであれば、数年内には出産祝いを用意すべきと判断できます。

月々の収入の中から、こうした交際費を少額ずつでも着実に積み立てた上で、それでも不足分の補填が必要であれば、消費者金融に一時的に助けてもらうスタイルが賢明でしょう。こうしたやりくりには経験が必要です。お祝い金の借入で一時的に免れた経験を活かし、次回の同様の場面に備えていただければ幸いです。


**関連記事**